なおぶろぐ。

IT技術者となって得た知恵、就職活動、本、趣味のことを書きます。Twitter : @salty_special

【ひきこもり経験者が語る】ひきこもりが回復傾向にある考え方・行動

私はひきこもり経験者である。

現在はわりと普通なホワイト企業で働くIT技術者だが、ひきこもっていた時代から回復し、ひきこもっていた頃の考え方、心理学を通して、自己を回復する考えを書く。

これらは回復が見えている兆候

1.無理して過去を忘れようとしないこと

私は家族を毒家族だとばかり考えていた。

しかし、改めて一人暮らしをして気づくが、誰かのせいにしていると、進歩しない。

誰かのせいにしているから、自分が客観視できていない。

自分のせいにしたくなくて、誰かのせいにしたがる。

だが、自分のせいでもなく、誰かのせいではない。実際恨む相手が悪かったこともあるが、過去はもう直せない。

感情が煮えたくり、冷めた頃にはもう過去を恨むことをやめよう。誰かが悪かったと考えているなら、それは未だ心が癒されていない段階だ。

2.誰かを傷つけようとしてしまうこと

誰かを恨むから、攻撃性がむらむらと湧き上がる。そして、ネットでの匿名性を使い、誹謗・中傷を行う。そうではなくとも誰かを攻撃していることが多くある。

誰かを恨んでいる場合、その人は心でわだかまりが生じている。

『何だか心が晴れていない』『もっと誰かを攻撃して勝とう』『くそ、あの頃の俺は...』

 

そういう思考がグルグル回っているだろう。

誰かを攻撃し、勝つことで心が一時は晴れるが、解決にはならなかった。私がそうだ。

過去の俺を負かした奴を倒すことで、俺が強くなる。

もしかしたら一見強くは見えるかもしれないが、そう考えても、一向に心が晴れない。

愛が分からない。

しかし、それでよい。今は。それでよいんだ。

3.依存症患者を自覚すること

私は依存症だった。

ひきこもりが乗じてますます依存症が悪化していた。

それは『ネット』『動画』『オンラインゲーム』だ。

私がひきこもる前に侵されていた依存症は『セックス』『チャット』『SNS

これらが共通する概念は、誰かとつながることだ。

誰かとつながることを本当は望んでいるが、しかしそれがうまくいかないんだ。

そう感じるのはわかるが、依存症になると結構大変。

客観視ができなくなってくる。自分が。

依存症が治らない限りは脳が回復していかない。脳が回復していかないと、変な妄想、攻撃性、責任感覚のなさ、非常識さが増す。

依存症を自覚しているなら、少しだけでいいんだ。少しだけ行動をし、回復をしておこうか。

 

4.社会が恐ろしい

意外なことではあるが、社会はさほど恐ろしくはない。

甘い考え方をしている人ほどうまくいくケースが多いのだ。だから、真面目なあなたたちは、考え方が厳しく、結果、うまくいかないことが多いと錯覚してしまう。

しかし、甘い考え方が悪いと誰かが言うが、そんな人が間違えている。そのバカはきっと、うまくいかないことがあるから、間違った考え方をしているだけ。

あなたは社会を甘く見てよいのだ。起業してもよいんだ。会社だけが働く場所ではない。

 

5.逃げ道を用意しておく

安心してくれ、厳しいことは言わん。私がゆるく逃げの姿勢を持ちながら社会生活を送る方法を知っている。

会社で働こうが、バイトしようが、社会に組み込まれようが、人はうまくいかないことが多くある。だから、逃げ道は用意しておく必要がある。

そして、いざやばいと感じたら、逃げ隠れ、そこでしばらく隠れておく想定をしておく。それでよいか考えることだ。よいこと当然。

まとめ

ひきこもりが陥りがちだが、なくそうとしてはダメだ。

考え方を少しずつ変えていくことができるから、人は行動し、結果を出す。

  1. 過去は忘れていなくてよい
  2. 人を傷つけること
  3. 依存症を隠そうとしないこと
  4. 社会が恐ろしいところだと錯覚すること
  5. 逃げ道を用意しておくこと

 是非、参考にしつつ、行動を起こそう。

 

【本音を語る】ひきこもり経験者が経緯を語る。『ひきこもりが社会に出て一年が経ちました。』

皆さん、どうもこんばんは。

現在は深夜2:00を回っているところです。ひきこもりをしていた頃の名残りで連休後は即、昼夜逆転生活をします。

 

本題入ります。ひきこもりを経験してから、紆余曲折の結果、大学卒業後になんとか新卒で会社に入り、早一年が経過しました。

今は充実してませんが、ひきこもった頃からはかなり回復して社会人らしくなってきた感が湧いてますので、その経過を書いていこうと思います。

 

 

僕が引きこもるまでの経歴

社会人になってから一年が経過しました。大学を卒業し、新卒で一部上場している中堅の企業に入社しました。今は立派なつまらない社会人になりましたが、そんな僕も、大学生をしていた頃は、かなりひきこもっていました。

f:id:abi_wase:20190511022257p:plain

というのは、家族からは日々、『借金を作ったゴミクズ』と言われ続け、お金の管理にも手を出し(過干渉・過保護)、話すことと言ったら、「早く仕事をしろ」「言い訳をするな、早く家を出ろ」「金どうすんだ」というかなりきつい言葉を浴びせられたからです。

 

人はそんな頑丈にはできていませんからね。僕はかなりしょげました。

一応コンビニでバイトをし、社会の底辺を実感しながらもなんとか使い込んだお金約15万円を返しましたが、心はすっかりふてくさり、暗い感情しか湧いていませんでした。

 

コンビニの店長からは愚痴や、小言を言われ続け、自信がなかった僕は、反抗をすることもなく、ただ受け入れ、鬱屈した感情を抱いて過ごしました。

 

もう本当に苦しくて、明るい未来を感じてませんでした。

そんな学生が就職活動をしてうまくいくでしょうか?

 

うまくはいかないですよね。そう、僕は多くの人を見返すためだけに、大企業ばかり受け続け、散ってました。大学4年生のこと。

 

そう、志望動機なんかろくに考えもせず、うわべだけの見繕いで、何とか面接まで行こぎつけ、撃沈しました、何回も。

 

この頃から、就職活動はしていたが、それ以外はバイトもせず、人とも話さず、世界からは隔離されていました。友達はいなかったです。

 

フリーター生活は孤独。社会から隔絶された世界。

そんなことで、就職活動は何となく、秋に入り、僕は何となく諦めてしまいました。

その後、半年間ほどですが、フリーターのような生活が始まりました。

フリーター生活は孤独です。僕はまたもや嫌なコンビニのアルバイトを始めました。

heavenzdoor.hatenablog.com

なぜなら、人と接客をするが、最低限の活力だけでなんとかこなせるコンビニのアルバイトはそんな僕にとっては恰好のアルバイトだったからですからね。

f:id:abi_wase:20190511022349j:plain

そして、半年くらいバイトをし、フリーターのような生活を終えた僕は3月頃からまた就職活動をしました。

 

結果。惨敗。

やはりうまく社会に馴染めなかった僕は、会社に入ることができず、引きこもりと化しました。夏に入る頃でした。

 

引きこもり生活開始

そして、僕は6月から始まる面接をすべて消化し、企業からは却下されまくり、とうとう、6月中旬からは本格的に引きこもりになりました。完全な無気力状態です。

 

んまあ、大学生の2年生頃から引きこもり気味だった僕は、再び元の生活スタイルに入っただけですが感情が鬱屈していることに加え、『将来が暗いこと』・『お金がないこと』・『留年したこと』の3重苦から、僕はネットにハマるしかなくなってしまいました。

 

引きこもりは高確率で依存症が併発している

そう、この頃は僕はとてつもなく依存症のような感じになっていました。

だから、依存症の方がテレビで取り上げられるたび、僕は「んまあこうするしかなかったんだからだろうなぁ・・・」という妙な共感性を抱きながら見ます。

 

具体的には、『チャット』『オンラインゲーム』『SNSです。自分の部屋から出られるようになってからは、家族が寝静まってから、リビングにこれる時だけパソコンでYoutube』『ニコ動』を見ていました。コメント欄でバトルを繰り返しました。

 

もうやばい奴です。

まさかここまで自分が廃人になるとは思いませんでした。

 

家族はこんな僕を見たら、どう考えても頭がおかしいとしか思いません。

父からは「ゲームをやめろ」「頭がおかしいぞ」「就職活動はどうしたんだ?」

もうこんなことを言われるのはつらいですね。

 

分かってはいるんです。でも、やめられないんです。

そして、怖くてもう社会には出られないんです。

僕は家族と出くわさない時間帯を狙っては、パソコンでゲーム、動画を見続けました。

そう、罪悪感と共に。。

 

再び始動、そして就職活動

6月頃から本格的に引きこもり始め、10月になる頃。僕は動きました。

4か月で動くのはすごいですか?僕は5年くらい過ごした気分でした。

 

んまあこういうことを経験したことがない人は、当然、努力をしないのが悪いと怒るでしょうが、僕は努力で何とかなることではなかったから引きこもりという選択しかなかったと考えています。

僕は文系卒ですが、営業は絶対無理と諦め、システムエンジニアプログラマーを目指しました。

きっかけは2ちゃんねるを創設した『ひろゆき氏』、幼稚な性格の堀江貴文です。

f:id:abi_wase:20190511022645j:plain

この2人仲良くないっすか?しかも、どういうわけか、引きこもり、ニートからは絶大な人気を誇るすごいやつでもあります。

 

僕は、会社でうまくいかないから、起業しよう。そう考えました。

ITが一番想像しやすいから、IT系に就職し、スキルを盗んでから起業してやろう。と。

 

んまあ、そううまくはいかないのがオチですが、他の業界を選ばずに結果としてITで僕はよかったと実感しています。

heavenzdoor.hatenablog.com

そして、意外とIT系は変な圧迫面接をすることもなく、(まあ、一部ありましたが。)

3社目くらいで初めての内定が出ました。

heavenzdoor.hatenablog.com

僕は嬉しかったです。起業してやるという、独立精神は間違いなく、僕に活力を与えてくれます。今もそうです。

会社に依存しようとするから暗くなるんです。

 

はい、調子こきましたよー。僕は頭が良くなかった。

僕は調子に乗りました。僕は調子に乗ることは悪くはないことだと考えていますが、痛い奴だったかもしれません。

上場企業に内定をもらいながらも、安心を武器にして、なんとかベンチャーに就職できないかと考えました。

 

ベンチャーだったら身軽に転職、独立もできるからです。大企業はできませんから。

2社ほど受けましたが、やはり受かりませんでした。

僕は即戦力ではなかったから。

 

プログラミングは一応独学で勉強をしました。Progateというオンラインプログラミング学習支援webサービスがあるんですが、HTML,CSS,PHP,Javaなどをこなし、「やった!FizzBuzz*が書ける!俺って天才か?」と調子こいてましたが、Web系ベンチャーのCTO、採用責任者との面接で、鼻高々に素数判定プログラム』を書いて、「えっと、君って、数学苦手?」と笑われたのを覚えています。

あの頃のCTO、お前、わかってるじゃんか、正解だよ。

qiita.com

それと、渋谷にあるイケてるWeb系ベンチャーで、少数精鋭の会社にコネ(フリーター時代の派遣バイトの会社のツテです。)を使って代表者と面接させてもらったんですが、目を丸くして驚かれてました。

「え?なんでウチを受けたの?」

もう鼻笑われましたよ。そりゃ。だって、プログラミングで金を稼ぎたいんです

なんなら起業だってしたいんです。とか言ったって、だったら、その成果物は?

答えは『ない』からです。

 

そう、プログラミングで一念発起しようとお思いの方は気を付けましょう。プログラミングを勉強しているだけでは、ただの勉強をしているだけの浪人生と変わりありませんから。

プログラミングが書けるんだったら、もうさっそくWebで稼ぐでしょ?っていう概念らしいんです。特にベンチャー系は。(僕はまだ部外者ですから。)

 

甘いと思いますか?はい、甘いんです。僕は。

 

そして、ベンチャー界隈には能力が認められず、僕は中堅企業に就職をしました。

 

引きこもりが社会に出てから一年が経過しております。

社会人になり、親元から離れ、今は一人暮らしをしながら社会人をしてます。

heavenzdoor.hatenablog.com

ぶっちゃけます。社会人、くっそ面白くない。

会社は同調圧力、媚を売る部下、面白くないジョークで笑いを取ろうとする上司。

テレビで見た通り、社会はそう甘くはない。いや、甘くはないというか、怖いほどにこびっこび。

こびこびの上下関係を意識しなければならない、うわべだけの人ばかり。それはもう気持ちが悪いくらい。

僕は吐きそうになりました。

は?これはおかしい。社会がおかしい。会社がおかしい。

僕はすぐ出たかったが、勇気がなく、同調圧力の世界で我慢をしました。約1年。

heavenzdoor.hatenablog.com

もう電車も乗りたくないくらいですが、少し遅刻をしながらも会社へ通う日々。

 

つらかったです。あの鬱のような状態で、僕は孤独でつらかったんです。

引きこもりが社会でうまく会話をすることができません。正確には、うまく話したくなかった。

 

意外とこれがねー。 

しかし、人はおそろしい能力を持ってるんです。

意外と『慣れる』こと。

 

びっくりしました。意外と慣れるんです。これが。

僕は反骨精神があったほうがいいから、むしろ慣れることはつまらない社会人になる前兆かなあとは思いましたが、2月頃には慣れました。

そして、2月が終わる頃はもう転職を考えました。結構前向きな転職を。

 

僕は、会社を辞めたい。だがそこまで辛くはない。ここは結構ホワイトだった。

そうこの状態がわかりますか?

 

f:id:abi_wase:20190511023903p:plain

僕は立派なつまらん社会人へと成長を遂げ、Lv.2になりました。スライムを3体くらい倒しましたよ!

 

以上、3体くらいスライムを倒した引きこもり経験者の社会人一年目の若造がお送りした経験語りでした。